【カラコンの含水率】カラコン選びに大切なポイントをご紹介

【カラコンの含水率】カラコン選びに大切なポイントをご紹介

カラコン選びに大切な含水率について

含水率

カラコンを買う際に決め手となっている条件って何ですか?

 

ほとんどの方はカラコンのデザインやサイズ感じゃないでしょうか。
カラコンのデザインもサイズも重要なポイントですがそれにもう一つ付け加えるなら「含水率」がポイントとなります!

 

含水率と聞いて知っているようで実はそれほど知らない方も少なくないと思います。

 

そこで、ここで含水率に関する情報をしっかりと抑えてカラコン選びの足しにしましょう!

 

 

含水率の意味とは?

含水率意味
含水率とは文字のイメージ通りレンズに含まれている水分量の事を言います。

 

含水率には2つの種類があり、

レンズに含まれる水分量が50%以下のものを「低含水率」と呼ばれ、
レンズに含まれる水分量が50%以上のものを「高含水率」と呼ばれています。

 

主に含水率があるのはソフトレンズのみになり、ハードレンズには水分がない為、含水率はないのです。

 

ここで低含水率と高含水率の違いついてご紹介します。

 

 

低含水率

 

メリット

  • 乾燥を軽減できる
  • 汚れに対しても強い

 

デメリット

  • 含水率が低いカラコンは着け心地が何となる悪い
  • 酸素透過率が低いので眼病になるリスクが上がる

 

 

高含水率

 

メリット

  • 含水率が高いカラコンは着け心地が良く快適
  • 酸素透過率が高いので目に優しい

 

デメリット

乾燥に弱い

  • 次第にゴロゴロしてくる
  • 長時間着けているとショボショボしてくる

 

 

人気があるワンデーカラコン|含水率の平均は?

含水率平均 
使い捨てで1番使いやすいワンデーカラコンを使ってみたい!
抑えておきたいポイントで

 

瞳に潤いのあるレンズが欲しい!

 

そうなってくると「含水率」がポイントになります。

 

でも、選ぶカラコンによっても含水率って全然違ってくるのでどれくらいの含水率を選べばいいのかわかりませんよね。

 

「含水率の平均ってどれくらいなんだろう?」

 

とは言っても、実際には低含水率を推しているカラコンもあれば高含水率を推しているカラコンもあるので、一概にどらくらいが平均とは言えませんが、強いて言えば低含水率と高含水率の平均値はこうなりました。

 

 

低含水率での平均含水率

LuMiaシリーズ

42.5%

エバーカラーワンデーモイストレーベルシリーズ

38.6%

エバーカラーワンデーナチュラルモイストレーベルシリーズ

42.5%

LILMOONシリーズ

38%

キャンディーマジックワンデーシリーズ

38.6%

Loveil(ラヴェール)シリーズ

42.5%

Marble by LUXURYシリーズ

38.6%

※人気があるカラコンブランドで調べました。

 

平均的に含水率が「42.5%」と「38.6%」のレンズが多いですね。

 

 

 

高含水率での平均含水率

アコルデシリーズ

58%

エンジェルカラーバンビヴィンテージシリーズ

58%

キャンディーマジックワンデーアクアシリーズ

58%

ヴィクトリアワンデーアクアシリーズ

58%

FLANMY(フランミー)シリーズ

58%

フレッシュルックデイリーズシリーズ

69%

※人気があるカラコンブランドで調べました。

 

平均的に含水率が「58%」のレンズが多いですね。

 

 

 

高含水率のレンズは実はドライアイになり易い!?

ドライアイ

高含水率のカラコンは性質上、水分をレンズに多く含んでいるレンズになります。

 

そのため、多くの水分を含んでいる分、そこから蒸発していく水分も多くなるし涙がレンズに吸い取られてしまう事もあります。

 

レンズが乾ききってしまった場合、元の潤いを取り戻そうとして多くの水分を必要としてしまい、結果的にドライアイになりやすいと言えるのです。

 

 

チェック!

もっとわかりやすく言えば、高含水率のカラコンの素材は身の回りの物で言うとスポンジに近い性質を持っています。

 

その為、高含水率のカラコンを着けて長時間外出などしていると、レンズ自体が蒸発して乾いてしまい、元の潤いに戻そうと瞳にある水分をレンズが吸い取ってしまうのです。

 

すると、瞳の中にある水分がレンズにほとんど吸い取られてしまい、瞳が乾いてしまい「ドライアイ」の症状が起こってしまうのです。

 

 

もし、以下の症状が当てはまる場合、ドライアイの可能性があるので注意してください。

 

  • 目が疲れやすい
  • 目やにがでる
  • ゴロゴロ感がある
  • 目が充血する
  • 目が痛い
  • 目がショボショボする
  • 目がかすむ
  • まぶしく感じる

 

 

高含水率と低含水率どっちがいいの?

どっちがいい?
結局、高含水率と低含水率どっちがいいの!?

 

そんな疑問が頭に浮かぶと思います。
私が思うに、高含水率をまずは使って見ることをオススメします。

 

ポイントは「眼病になるリスク」です。

 

 

要チェック!

高含水率のカラコンは水分量が高いため、酸素をしっかりと瞳に透す「酸素透過率」が高く、眼病になるリスクは下がります。

 

 

ドライアイも目の病気の一つですが、それでも低含水率のカラコンに比べると様々な目の障害に繋がるリスクが低い為、高含水率を推します。

 

 

後は着け心地ですね!

 

カラコンを着けても着け心地が良くないと1日の生活が不快感を感じるかもしれません。すぐゴロゴロしたり目に違和感があるようだとカラコンを気にし過ぎていい思いはしないと思います。

 

低含水率のカラコンは乾燥を軽減できたり汚れが付きにくい性質をもっているのですが、着け心地はあまり良くないのです。個人差もあり、低含水率のカラコンを着けても違和感ない方もいるようですので一概には言えませんが、私の場合は高含水率のカラコンよりも着け心地は良くないですね。

 

高含水率のカラコンのこだわりの共通点は

 

  • 着け心地が良くなるようにレンズのフチをなめらかにカットしている
  • レンズの構造が「サンドイッチ製法」の為、レンズが薄く、軽いので着け心地が良くなる
  • 高い水分量でしかもレンズが薄いので酸素を目に透しやすい

 

これらのこだわりポイントがあるので着け心地が良くなると言う訳なのです。

 

総合的に見て、私は高含水率のカラコンをオススメします。

 

 

 

高含水率のレンズが買えるカラコン通販はコチラ!




ホーム RSS購読 サイトマップ