高校生必見!カラコンを眼科で買う場合と通販で買う場合の料金を比較

高校生必見!カラコンを眼科で買う場合と通販で買う場合の料金を比較

カラコン通販と眼科で購入する場合のカラコン費用を比較

カラコン費用を比較

カラコンを購入する際に悩むポイントは

 

  • 眼科でカラコンを購入するか
  • ネット通販でカラコンを購入するか

 

悩むところです。

 

どちらもメリットやデメリットがあるので一概に「こっちの方がイイっ!」とは言えないのです。自分がこっちの方がメリットは大きいと思った方でカラコンを購入してみてください。

 

当サイトではカラコン購入前の眼科、ネット通販の情報をご紹介します。

 

 

眼科でカラコンを購入する場合の料金

 

カラコン・コンタクトも併設している眼科で診察
(眼科によってはカラコンを付けたいと言うと反対されてしまう場合もあるため)

 

カラコン費用

 

  • 保険適応の場合

診察代:1,000〜2,000円程度+カラコン代(ちょっと高め)

 

カラコンも1箱20枚入りで4,000〜5,000円。両目とも購入なので8,000〜10,000円

 

合計:9,000円〜12,000円

 

  • 保険適応不可の場合

診察代:保険適応不可で6,000円程度+カラコン代(ちょっと高め)

 

カラコンも1箱20枚入りで4,000〜5,000円。両目とも購入なので8,000〜10,000円

 

合計:14,000円〜16,000円

 

健康保険証がある・ない場合では全然金額は違ってきます。

 

 

 

ネット通販でカラコンを購入する場合

 

カラコン代+送料+(代引きなどの手数料)

 

カラコン(20枚入り)で2,000〜3000円程度。両目とも購入なので4,000〜6,000円程度かかります。
送料や代引きなどの手数料を合わせると大体700〜1,000円くらいはかかります。

 

合計:4,700〜7,000円

 

 

カラコンを眼科で購入する際は必ず診察も含まれていますのでカラコン費用がちょっと高めの設定になります。しかも、眼科で用意されているカラコンはちょっと高めのカラコンばかり取り揃えているように感じます。安心できるとは言え、高校生で高めのカラコン費用を出せるのであれば良いのですが、「高過ぎるっ!」と思う人は眼科検診だけして自分の合っているカラコンをネット通販で探す方法もあります。

 

 

ネット通販でカラコンを購入する場合はかなり格安でカラコンを購入することが出来ます。それに、眼科よりも豊富な品揃えなので自分の欲しいデザインがきっと見つかるはずです。ただ、ネット通販のカラコンは全然知らないメーカーの物などもありますので、今は安全とは言え、100%安全ではないので十分に気をつけたほうがいいのです。知っているメーカーの物や人気があるカラコンをピックアップして見つけましょう。

 

 

 

カラコン初心者は眼科が先!

眼科が先!

初めてカラコンを購入する場合、まずは眼科で視力や目の形(BC)やサイズ(DIA)などを調べてからカラコンを購入することをオススメします。

 

  • 「1番人気のカラコンを選びたい!」
  • 「友達がしているのと同じものが欲しい!」

 

など、眼科検診にも行かずにカラコンを購入してしまうと、もしかしたら自分の目に合わない事も予想されます。

 

 

すぐにズリ落ちてしまったり目に違和感を感じる事もあるので着け心地が悪くなってしまうのです。目の病気にも繋がってしまいますからカラコン初心者は出来るだけ眼科へ行って自分の目のサイズなどをはかってきましょう!

 

 

それに、初めてのカラコンとなると付け方や外し方が苦戦すると思います。コンタクトを着けている人であれば問題はありませんが、目にレンズを着けること自体始めてなら眼科で正しい入れ方、外し方を教えてもらったほうが良いですよ。

 

 

度なしでも眼科は必須!?

 

稀に「私は度なしでいいから眼科に行かないでカラコンを買う!」

 

そんな人も中にはいますが、これもあまりオススメできません。なぜなら視力は計らなくてもいいのですが、「目の形」すなわち目のカーブを計らなくてはならないのです。

 

 

人それぞれ目のカーブは十人十色。カーブがキツい人もいれば緩やかな人もいるので、何もしらずにカラコンを買うと着けれなかったりするのです。

 

それに、黒目(角膜)の大きさも違いますので、カラコンを着けたのはいいものの、黒目に重なって着けた意味がなくなってしまった・・・。そんな事も起こりうるのです。

 

「度なし」の場合でも眼科検診は行きましょう!

 

 

 

眼科検診の流れ

眼科検診の流れ

初めてカラコンを購入する際に眼科で診察してもらう場合、何をどうすればよいのかわからない高校生もいるかと思います。

 

 

そこで、カラコン初心者でもわかるように眼科検診の流れを紹介したいと思います。

 

 

持ち物

検査してもらうのは”初診”になりますから、「健康保険証」は必ず持参しましょう。

 

もしないのであれば診察料が全額負担になってしまうからです。

 

 

後は”身分を証明するもの”。

 

 

眼科によっては「親同伴」の場合もありますし、18歳未満の場合は「委任状」も必要になってきます。

 

 

一度、自分の行く眼科へ連絡して

 

  • 「親が一緒じゃないといけないのか?」
  • 「親が来れない場合は委任状が必要なのか?」

 

など聞いておく事がポイントです。

 

持ち物はそれくらいです。

 

 

検査

 

  • 裸眼視力測定
  • 眼圧チェック
  • 近視、遠視、乱視の度合いの確認
  • 黒目のカーブ(ベースカーブ)の確認
  • 黒目の内皮細胞の大きさ、形、数の確認
  • 黒目の形の確認

 

自分の行く眼科によっては検査項目は多少変わってきますが、平均的には今挙げたとおりの項目をチェックします。

 

 

初めての人はちょっと怖いかもしれませんが、全然大丈夫!
病院などでは注射とか痛い経験もしたことがあると思いますが、カラコンの検査では全く痛くなるような検査はないのです。

 

 

ただ、驚いてしまう検査もあります。「眼圧チェック」です。目を開いたまま「ちょっとそのままでお願いします。」と言って目を開きっぱなしにするのですが、突然風が「ビュッ!」っと目に当たるのです。これが1番驚きます!!後は何の問題もありません。

 

 

カラコンの着け外しの練習

検査の途中でカラコン初心者であればレンズの着け外しの練習をやります。場所によってはないところもあるのですが、「初めてなんですけど・・・。」と言えば練習させてもらえますよ!

 

 

レンズにも表と裏がありカラコンにもよりますが、すごい微々たる差でレンズのフチが反っているかいないかで表裏を確認するのです。(これがまた難しい)

 

 

着ける時も直接目に当てなければいけないので最初はやっぱり怖い!外すときも目が迫ってくるので怖い!やらずに終わる事もできるのですが、最初はコツなども聞けるのでやったほうがいいですよ。それに、時間がかかっても練習する方が今後のためにもなります。

 

 

会計

検査が終われば後は会計を済ませて終了です。
後は、眼科でカラコンを購入するかネット通販でカラコンを購入するか判断します。

 

 

 

最初は眼科で購入するのもアリなのですが、眼科だとやっぱり種類は少ないですよね。可愛いものもあるのですが、ネット通販で見ると同じ物も売っているし、ネット通販だからこそ安く買えたりもします。参考までに、当サイトオススメのカラコンネット通販サイトもご紹介しておきます。

 

 

 

 

高校生に人気のカラコン通販!



ホーム RSS購読 サイトマップ