カラコンの装着時間について徹底検証!おすすめカラコンもご紹介

カラコンの装着時間について徹底検証!おすすめカラコンもご紹介

カラコンの装着時間を守らないと目に負担がかかってしまう!

負担がかかる 

 

カラコンは装着時間を守ることが大切です。

 

カラコンの装着時間ですが、カラコンは目に大きな負担がかかってしまうので、最初は1時間から2時間短い時間から始めて、それから段々装着時間を伸ばしていくのがベストです。

 

 

1日の装着時間の限界は6時間から8時間くらいと言われています。

 

もし、装着時間が長くなってしまった場合、目が酸欠になってしまいます。

 

 

酸欠になってしまう原因は、

 

カラコンを使用している間は目に酸素が行き届かない状態となるので長くカラコンを装着していると酸欠状態が長く続きます。

 

すると、角膜が弱くなり傷つきやすくなったり、目の充血や違和感を覚えることがあります。

 

そして、

 

長時間カラコンを装着していると、目の汚れが付いて、汚れがどんどん蓄積されてしまいます

 

カラコンに汚れが付いてしまうと眼球に痛みを感じたり、充血が起こったり、周りがぼやけて見えにくくなるといったトラブルを起こしてしまいます。

 

なので、カラコンの装着時間を守らず長い時間装着している状態が続いてしまうと目に大きな負担をかけてしまい、

 

角膜が弱くなって傷つきやすくなり、目の充血や違和感を感じたり、汚れが蓄積されてしまうことによって見えにくくなってしまうトラブルにもつながってしまいます。

 

よって、カラコンの装着時間を守ることは目のトラブルを少なくすることにもつながるので、大切であると言えるのです。

 

 

コンタクトレンズとカラコンの装着時間について比較してみた

 比較

 

まずコンタクトレンズ、ここでいう透明レンズとカラーレンズの違いはそれぞれに使う目的が違うという事です。

 

 

透明レンズは「視力を良くする」と言うことが一番の目的ですが、カラーレンズは目に色を付ける、言わば「ファッション性」の目的が高いです。

 

 

これは、もちろん製造メーカーも承知しており、透明のレンズは「付け心地」「酸素透過性」「汚れやUVカットの有無」に力を入れ、改良を繰り返していますが、カラーレンズは性能面が二の次で、カラーや着色直径の大きさでいかに差別するかがポイントとなっています。

 

 

そのため、

 

カラーレンズは最近まで乱視用がなかったり、度が入ってないレンズが販売されていたりと、透明レンズであるような性能面が欠けているようにみえます。

 

このような背景もあり、透明レンズの方が長い装着時間でもいいというプロモーションも多くなるかと思われます。

 

 

もちろんその反面、カラーレンズのプロモーションはレンズをつけて目がどんな雰囲気になるとか、有名人だと誰が付けていますとか、装用時間などの機能についてはあまり触れません。

 

また、世の中の印象としてカラーレンズは目に良くないというイメージが定着しているために、装着しても早い時間で外すことが多くなることが考えられます。

 

結局、一番大事なのはしっかりとした眼科で定期的に目を見てもらって、正しいカラコンの使い方をマスターすることですね!

 

 

カラコン初心者の装着時間の目安ってどのくらい?

どのくらい? 

 

初めてカラコンを使用する方は、目がカラコンに慣れていないせいかすぐに目がショボショボしたりゴロゴロしたりと違和感を感じることがあります。

 

カラコンは酸素を通しにくくなっているレンズなので、目に相当な負担をかけてしまっています。

 

なので、カラコンが慣れるまでは少しずつ装着時間を長くしながら使い始めることをおすすめします!

 

カラコン初心者の装着時間の目安

1日目:2時間
2日目:3時間
3日目:4時間
4日目:6時間
5〜7日以降:8時間程度

 

このように大体約1〜2時間くらい装着時間を長くしながらカラコンの装着リズムを変えていけば良いと思います。

 

カラコンは異物なので、目には少なからず負担がかかってしまいます。「初日だけど2時間経っても平気!」と思っていても実際は目に相当ダメージが蓄積されていると思います。

 

少しでも目の負担を抑えるため、カラコンの装着時間は徹底して守っていくことが大切だと思います。

 

 

実際に初めてのカラコン使用者にレポしてもらいました!

レポ紹介 

 

私は視力が良く今までコンタクトなどをしたことがありませんでした。

 

テレビやSNSなどで「目の中の黒目が大きくなるとお化粧で頑張るよりキレイに見える!」というのを見て、お化粧を日頃からたくさん塗るのを面倒だと思っていた私は「簡単で良さそう!」と思い、初めてワンデーカラコンを買ってみることにしました。

 

 

初めて目に入れて見た感想は

 

ナニコレ?ゴロゴロするし、しみる!

 

という感想でした。説明書なども読んで最初は短い時間からと書いてあったので30分で外してみました。

 

 

その後も1時間置きに何度かつけては外し、

 

みんなこんな思いしてるんだなぁ。違和感しかない。

 

という感想でした。

 

憧れていた大きな黒目にはなれたので、その後少し明るい色などにも挑戦して、使い初めて2カ月くらいですが、ずいぶんカラーコンタクトにも慣れました

 

 

やっぱり最初は違和感があったので、長くカラコンを装着することは難しかったです。

 

 

1週間くらい続けていれば違和感を感じることは少なくなり、装着時間も8時間とか10時間くらいは痛くならずに着けていられます。

 

今では、カラコンもファッションの一部となって私のマストアイテムとなっています!

 

 

目に優しいカラコンをピックアップしてみました!

ワンデーカラコン

アコルデ

acorde
  • DIA:14.2mm
  • 着色直径:13.0mm
  • 含水率:58%
  • BC:8.5mm
  • デザイン:ドット柄

細かなドット柄と酸素を通しやすくするレンズ素材で瞳に優しいカラコンになっています。レンズ構造もサンドイッチ構造になっているので、着色部分が瞳に直接当たらないように作られていて安心できるところが魅力的です。カラコンで第1に安全性を求める方にとってはおすすめのカラコンだと言えます。

ヴィクトリアワンデーアクア

victoria
  • DIA:14.2mm
  • 着色直径:13.6mm
  • 含水率:58%
  • BC:8.5mm
  • デザイン:ドット柄

着け心地が良い高含水レンズ、瞳に優しい酸素を沢山届けてくれる素材を採用、レンズのフチをなめらかにカットして瞳を傷つけにくくする配慮で、ヴィクトリアワンデーアクアシリーズの進化系カラコンになっています。従来のヴィクトリアシリーズに比べると着け心地感がアップされ、使い易くなっています。

アーティラル

artiral
  • DIA:14.0mm
  • 着色直径:13.2mm
  • 含水率:38%
  • BC:8.6mm
  • デザイン:ドット柄

デザインがとてもシンプルなナチュラル系のカラコンになっています。デザインも小さなドット柄になっていることから着色部分の多いカラコンよりも酸素をより通しやすくなっているため、瞳に負担がかかりにくいのが特徴的です。

 

 

2ウィークカラコン

ベルタ(BELTA)

belta
  • DIA:14.1mm
  • 着色直径:13.2mm
  • 含水率:38%
  • BC:8.7mm
  • デザイン:ドット柄

レンズの着色部分もマイクロドットデザインによってより、酸素と通しやすいような作りになっています。デザインもナチュラルで学校でも職場でもバレにくく、瞳を自然に見せたい方におすすめのカラコンです。また、レンズのフチをやや持ち上げるリフトアッ仕様になっていることで、レンズの食い込み防止として瞳に優しい設計になっています。

ジーヴルトーキョー

givre
  • DIA:14.1mm
  • 着色直径:13.2mm
  • 含水率:38.5%
  • BC:8.6mm
  • デザイン:ドット柄

3種類のラインナップで、どれも大人っぽい印象になれるカラコンになっています。着色部分のカラーリングも「BMW 3D Wrap 製法」と言ってレンズの中に色素を入れて瞳に当てない仕様になっています。品質も自動光学検査システムと言う目視ではなく自動で行うことで、安全性が期待できるものとなっています。

ルースシフォンゼル

ruthchiffon
  • DIA:14.0mm
  • 着色直径:非公表
  • 含水率:38%
  • BC:8.6mm
  • デザイン:ドット柄

カラコンのフチをぼかしていることにより、裸眼時と変わらないような自然の印象を与えることができます。また、コスパも高く1日平均で約44円とかなり安く、毎日カラコンライフを楽しめるようになったいます。

 

 

 

マンスリー(1ヶ月)カラコン

フロートリーフ

floatleaf
  • DIA:14.2mm
  • 着色直径:12.8mm
  • 含水率:38%
  • BC:8.6mm
  • デザイン:ドット柄

マンスリーカラコンで瞳の負担を抑えようと思っているのであれば、このフロートリーフシリーズのカラコンがおすすめです。デザインが1トーン配色のドット柄になっていることで、着色部分の隙間から酸素を瞳に送ることができ、瞳のダメージを軽減してくれます。また、色素が眼球に直接当たらないサンドイッチ製法を採用し、安全性を重視しています。

アイメイク

eyemake
  • DIA:14.0mm
  • 着色直径:12.8mm
  • 含水率:38%
  • BC:8.6mm
  • デザイン:ドット柄

瞳に馴染める2トーン配色で、中心に向かうほど色が濃くなるグラデーションドットデザインを採用していることから、カラコン特有の不自然さを極力なくしたカラコンになっています。カラーバリエーションもブラックとブラウンの2種類で、どちらもナチュラルカラコンとして大人可愛い雰囲気を演出してくれます。

ルナナチュラル

lunanatural
  • DIA:14.5mm
  • 着色直径:非公表
  • 含水率:38%
  • BC:8.8mm
  • デザイン:ドット柄

フチ枠と色を変えていることで瞳をより強調できるレンズデザインになっており、ナチュラルカラコンの中でもハーフ系カラコンに近いような高発色系カラコンです。カラーバリエーションも豊富で6種類ラインナップされており、今高校生に人気のちゅるん系カラコンとして口コミが広まっています。

 

 

おすすめだよっ!

当サイトおすすめのカラコン通販サイトはコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ