目が痛い原因を徹底解剖!カラコンの間違った使い方にご注意!

目が痛い原因を徹底解剖!カラコンの間違った使い方にご注意!

目が痛い!こんなことしていませんか?カラコンの使い方

可愛くなるマストアイテムとしてカラコンを愛用している人は多くなってきています。

 

 

でも、それに伴って「目が痛い!」「何かゴロゴロする!」などと、カラコンのトラブルも多くなってきています。

 

 

その原因は、間違ったカラコンの使い方をしているからです!

 

 

皆さんも是非チェックしてみてほしいのですが、これから言うポイントは間違ったカラコンの使い方をしている人です。

 

  • カラコンの使用期限を過ぎても使っている
  • 長時間カラコンのつけっぱなし
  • 眼科で受診しないで購入している
  • レンズのサイズ(BCや含水率)が合っていない
  • カラコンの裏表が逆に装着している
  • 目が充血にもかかわらずカラコンを装着する
  • 手を洗わずにカラコンを着ける
  • 定期的に眼科検診に行っていない
  • ワンデー以外のレンズケアが不十分
  • 友人とカラコンの貸し借りをしている
  • ほこりっぽいところに長時間いる

 

多く当てはまる方はそれだけ目が痛い状況を作ってしまっています。

 

 

また、目が痛い以上に充血してしまったり、目の病気になってしまう可能性も出てきてしまいますので、十分に注意しましょう!

 

 

目が痛いまま過ごすとどうなるのか?

目が痛い 

 

目が痛い・ゴロゴロ感があるまま、日常生活を過ごしてしまうと、目の病気になるリスクが高くなってしまう危険性があります。

 

 

間違ったカラコンの使い方をしていると、目に汚れが付着したり、目に傷がついてしまうことがあります。

 

 

すると、細菌やウイルスが目の中へ侵入し、角膜や結膜に炎症が起こってしまい、目の病気に繋がってしまいます。

 

 

目が痛い・ゴロゴロ感がある場合には、カラコンの使用を中止して眼科で診てもらうことをおすすめします。

 

 

カラコンを着ける前にも注意!目が痛くなる原因が潜んでいる!?

先程紹介したのはカラコンを着けた後の内容でしたが、今回はカラコンを着ける前にも注意しないと目が痛くなってしまう原因をつくってしまいます。

 

 

それは、どんな原因なのかをこれからご紹介していきます。

 

 

安いカラコンほど要注意!!

安いのは危険 

 

安いカラコンが原因で目がゴロゴロしたり、痛くなってしまうケースもあります。一般的に売られているカラコンの多くは海外製ばかりです。

 

 

海外製のカラコンでも、日本での厳しい検査をクリアしているレンズなので、品質上問題無いようにも思えますが、100%安全ではありません。

 

 

例えば、肉眼では見えにくいのですが「カラコンの表面がざらざらしている」レンズも過去にあり、目を傷つけてしまい目が痛くなってしまったケースもありました。

 

 

安いカラコンに多く見受けられたので、あまり安すぎるカラコンは購入しないのが良いかもしれないですね。

 

 

レンズにホコリや傷、破れがあるかどうかチェック!

ホコリや傷があるかチェック! 

 

日本の品質管理はしっかりしているとは言え、完璧ではありません!

 

 

いざ、カラコンを使おうとして封を開けてみたところ、レンズに傷が付いていたり、レンズの一部が破れてしまっているものもありました。

 

 

カラコンを着ける瞬間にホコリがレンズに付着し、それに気づかずに着けてしまうと目が痛くなったり、ゴロゴロしたりする要因にもなるので注意が必要です。

 

 

メイクをしてからだとラメやマスカラの繊維が入ってしまう

ラメやマスカラ 

 

女性に多いのですが、メイクをしてからカラコンを入れてしまうと、目元付近に付いているラメやマスカラの繊維がカラコンと一緒に入ってしまうことがあります。

 

 

それで、ゴロゴロ感があったり、目に痛みが出てきてしまったりします。

 

 

カラコンを着ける際には、必ずメイクをする前にカラコンを装着することをおすすめします!

 

 

自分の目にゴミや汚れ、傷がないかどうか

目にゴミが入っていないか 

 

カラコンにも傷や破れが無い、メイクもしていない。それでも、カラコンを着けた際に目が痛い(強い刺激が走る)場合は、自分の目にゴミや汚れ、傷がある可能性が考えられます。

 

 

ゴミや汚れがある場合には目をしっかりと洗い、目薬を使って瞳をキレイにしましょう!

 

 

ただ、それでも目が痛い場合には、目に傷が付いてしまっているかもしれないので、カラコンの装着を中止しましょう!

 

 

乾燥にも要注意!目がゴロゴロしたり痛みが出てきたりするかも!

カラコン 乾燥に注意 

 

空気が乾燥している季節やカラコンを長時間着けていると、乾燥のせいで目の痛みやゴロゴロ感が出てきてしまうので要注意です!

 

 

カラコンはコンタクトレンズとは違い、レンズの中に着色(デザイン)が入っています。

 

 

そのため、酸素を瞳に通しにくくしてしまうことがあり、目が酸素不足になりやすく、長時間カラコンを着けていると、目に張り付いてしまうことがあります。

 

 

カラコンを外す際、目に張り付いていると大変取りづらく、いつもよりも強くチカラを入れてしまい、目が痛くなってしまったり、傷がついてしまうこともあります。

 

 

カラコンを着けたまま寝てしまうのも同じく乾燥してしまいますので、乾燥しないように適度に目薬を差すなどして乾燥から守るように心がけましょう!

 

 

これで安心!目の痛みやゴロゴロ感を対処する方法!

カラコンを着けた際にくる目の痛みやゴロゴロ感を対処する方法は3つあります。

 

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

 

付ける時間を短くする

カラコン付ける時間 

 

カラコンは目に直接入れることもあり、目に相当な負担がかかってしまいます。その一つの理由として「酸素不足」があります。

 

 

目には血管から酸素を送り込むことが出来ないため、外気から直接目に酸素を入れ込んで酸素不足を解消しています。

 

 

でも、カラコンを長時間使用することで、その酸素が目に行き届かなくなってしまいます。

 

 

酸素不足になってしまうと目が充血してしまったりゴロゴロ感が増したりするので危険信号です。

 

 

そうなる前にちょっとでも違和感を感じることがあれば、すぐにカラコンの使用を中止しましょう!

 

 

その後、カラコンの付ける時間を短くするようにして負担をかけさせないようにしましょう!

 

 

自分の目に合ったサイズを選ぶ

自分の目に合ったサイズ 

 

カラコンもDIAや着色直径、BCなどいろんな大きさがあるので、自分がどのサイズが適切なのか悩んでしまう方が多いと思います。

 

 

実際に眼科で受診して自分に合うサイズを教えてもらうのが一番手っ取り早いのですが、眼科へ行けれない方も少なくありません。

 

 

そんな時には、コチラの記事を参考にしてみて下さい。(初心者でもわかるカラコンサイズの選び方)

 

 

本来ならば眼科への受診は必須条件なので、後ほど眼科へ行くようにしましょう!

 

 

レンズ装着液を使ってみる

レンズ装着液 

 

何回もカラコンを着けてみて痛みがある方に有効です!

 

 

何度も着け外しを行っていると、カラコンが入っていた封の中の液体が全部なくなってしまい、レンズが乾燥して上手く入れれないことがあります。

 

 

そんな時にレンズ専用の装着液を使ってみるとカラコンがスムーズにフィットして上手くいきますよ!

 

 

カラコン初心者はゆっくり使用時間を延ばしていくことが大切!

紹介画像 

 

いきなり、カラコンを着け始めて長時間過ごしていると、目がゴロゴロしたり、目が痛くなってしまうことがあります。

 

 

カラコンを付けてまだ間もない頃は、レンズに慣れていないため、目に相当な負担がかかっているからです。

 

 

なので、カラコン初心者がレンズを付ける目安として、1日2〜4時間程度からスタートし、徐々に2時間ずつ着ける間隔を空けていきましょう!

 

 

すると、いつの間にかカラコンにも慣れて長時間過ごしても痛みが出なくなっていきますよ!

 

 

ただ、無理は禁物です!

 

 

1日約10時間程度に抑えてカラコンライフを楽しみましょう!

 

参考程度に、私がおすすめするカラコン通販ランキングも紹介しておきますのでよかったらどうぞ!


ホーム RSS購読 サイトマップ