カラコン 高校生 親

カラコンを着けたい高校生|親に許可を得る方法!

親にカラコンの許可を得る方法!

許可を取る方法

高校生にとってカラコンは可愛さをアップさせるためのマストアイテム!
だから、「自分もカラコンを着けてもっと可愛くなりたい!」そう思っている人は少なくありません。

 

そんなカラコンですが、量販店やネット通販で手軽に購入できるので、親に内緒で買う事も出来ちゃうのです。

 

 

もし、ネット通販で購入する場合、親公認なら自宅へ届けてもらってカラコンを楽しむ事が出来ますが、時には親に許可無くカラコンをネット通販で買ってしまう事だって出来るのです。そんな場合、本当は親に許可を取らないとダメなのですが、いろんなテクもあるのです。

 

郵便局受取りやコンビニ受取りなど、自宅以外でカラコンを届ける手段はいろいろあるのです。

 

 

とは言っても、やっぱり無許可でカラコンを着けてるとバレた時が1番怖いかと・・・。

 

親に許可を得るにも早いか遅いかの2択です。
もし、カラコンの許可を相談が遅かった場合、もしかするとカラコンが買えなくなってしまう事だって考えれます。

 

 

「カラコン何てまだ早い!」

 

 

そう言われて終了・・・。

 

やっぱり高校生にとって可愛さをアップさせる為にはカラコンも必要不可欠な存在にまでやってきています。

 

親に許可を得る為には親に納得させれる内容を話さなければ納得なんてしてもらえません。

 

 

 

親に許可を得る為のポイント!

ポイント!

 

カラコン費用

安全面

 

親がカラコンに反対する大半がこの2つの理由だと思います。

 

カラコン費用

まずはカラコンにかかる費用です。
カラコンにも種類があります。ワンデータイプ、2ウィーク、1ヶ月、1年と使用期間によっても費用は違ってきます。

 

ワンデーのカラコンの場合

 

ワンデーのカラコンだと1箱2,000〜4,000円程度かかります。もちろん両目ともカラコンを着けるわけですから2箱必要になります。

 

トータルで4,000円〜8,000円は必要になってきます


 

2ウィークカラコンの場合

 

2ウィークのカラコンでも1箱2,000〜3,000円程度はかかってしまいます。

 

トータルで4,000〜6,000円程度はかかってしまいます


 

高校生にしてみれば高額な出費になってしまいます。
親からしてみればそんな大金をどうやって払うのか?
お小遣いやバイトをしている人だったら払える金額だと思います。
もし、親に頼んでカラコンを買ってもらう場合は”バイトをする”か”親に納得させる”方法が必要になってくるかと思われます。

 

 

 

安全面

次に安全面です。

 

親はカラコンに対するマイナスなイメージが強すぎる為、カラコンに反対する親が多数いるかと思うのです。

 

新聞やニュースでも取り上げられた事もあるのですが、カラコンによる眼病の被害が続出している事が親にとってはカラコンを着けて欲しくない理由の一つだと思うのです。

 

大人になればなるほど固定概念が強くなってくる人が多いので、一度マイナスなイメージを持ってしまうとなかなかプラスのイメージになってくれないのです。

 

  • もしかしたら眼病になるかもしれない・・・。
  • 視力が悪くなってしまうのでは?
  • 失明になったらどうしよう・・・。

 

人の心理ってマイナスなイメージほど影響されやすいものなのです。
だから、そのマイナスなイメージを吹き飛ばせる程の内容を親にぶつける事が必要です!

 

ちなみに、眼病になってしまう理由はカラコンの使い方に問題があるのです。
カラコンは直接目に入れる”異物”なので、目のトラブルが起きやすいのです。

 

 

ざっとここでカラコンの安全面に関して言えば

 

 

1日以上使うカラコン(2ウィーク以上のカラコン)は必ず「こすり洗い・洗浄・保存」が必要です。これを守らないと知らぬ間に眼病のリスクが上がってしまいます。


 

 

ワンデーのカラコン(使い捨て)は大丈夫と思っていても実際に目はたんぱく質の汚れがあるので、しっかりと目のケアをしなければいけない。


 

 

汚い手では絶対にカラコンを触らないようにする事。


 

 

汚い手では絶対にカラコンを触らないようにする事。


 

まだまだカラコンの安全面に関して言えばあるのですが、上記の内容があるから眼病になってしまう確率が上がってしまうのです。

 

カラコンの使い方をしっかりと守るのであれば眼病のリスクはグッと低くなると思います。

 

 

 

「じゃぁ、実際に親にどんな事を言えばいいの?」

 

実際に親に説得するポイントは次お通りです。

 

  • 眼科で診察してもらって、自分に合うカラコンを教えてもらう
  • カラコンの正しい使い方を教えてもらう(眼病予防)
  • 定期的に眼科へ検診を受ける(眼病予防)
  • 目のトラブルになったらすぐにカラコンの使用を止める

 

最低限、この内容を親に相談して約束すると良いかもしれません。

 

 

カラコンを始めて購入する場合はまずは眼科で自分に合うカラコンを教えてもらってから購入するようにして下さい。眼科でもカラコンを購入できるのですが、実際にはカラコンの種類は非常に少ないです。もしかしたら自分の好きなデザインがないかもしれません。

 

そんな場合は、ネット通販などでカラコンを探してみるのも手だと思います。ネット通販でならカラコンの種類も多いのできっと自分好みのカラコンをゲットできるはずです!安全面を気にするのであれば「高度管理医療機器」を取得している販売店を探すといいですよ!当サイトでも安心・安全にカラコンを購入できるネット通販をご紹介しているのでそちらもどうぞ。

 

 

 

 

 

当サイトオススメのカラコン通販



ホーム RSS購読 サイトマップ